オールドミニが大好きなのです。

Cars are buitiful

僕は無類のクルマ好きである。

試し期間見放題!!!まずは登録

しかしながら、フェラーリとかポルシェとかいわゆる、「金持ちが好き」なクルマは嫌いである。車は各国の経済の発展と共に成長してきた。そしていろんなクルマ好きを産んだ。人のことは置いておいて、自分のクルマ感について話そうと思う。まずフェラーリなどいわゆる世界でも最高級のクルマが何故嫌い?かというと、まず乗ってる輩が嫌い(!)「ホントに好きなの?」って思うのと、投資目的などに使われている感じがするのである。それにあの前衛的なフォルムが、東京のおしゃれな町、閑静な住宅地などには抜群に似合うと思うのだが、すこし離れた田舎町、または地方などに出かけた際にやはり浮いてしまう感がどうしてもあるのである。まあそこは人それぞれの趣味、趣向があると思う。

僕は「人間臭い」「手足」「暖かい」「かっこいい」「エグゾーストの臭い」などを持ち合わせたクルマが大好きなのである。じゃあ、あなたエンスーですか?って聞かれるとNO!である。新しくても僕がピンとくれば好きな車なのである。今までに

VW POLO COUPE

WV BEETLE CONVERTIBLE

MINI MAYFAIR1000

BUICK PARK AVENUE

MINI COOPER 1300iと…

まあ少々乱雑なクルマばかり乗りついで来た。最近のクルマに見られる近未来的なコクピットもいいのだが、やはり「よいしょ」と運転席に座り、プ~んとする車内に漂うオイルと排気ガスと車内での生活臭がするとなんとなく落ち着くのである。イグニションを回すときの緊張感。「かかってよ~」と祈る。うまくエンジンが始動して、マフラーからの太いエグゾースト音が聞こえると「ふう~今日も行ってきます」という気持ちになる。エンジンが暖まるまでカーステレオから流れるロックを2曲ほど聴くとちょうどエンジンも暖まり、水温計も上がり始める。アイドリングも落ち着いてくる。駐車場から出ると、住宅街を反射してくるマフラーの音を聞く。気持ちも少し落ち着いてきて「今日もよろしく!」と話しかける。「まかしとけ」とは言わないが、なんとなく答えてくれる様な気がする。そして大通りにでると少し煽ってやる。するとその日のエンジンの調子がハンドルから、アクセルから手に取るように伝わってくる。隣に並んで走っているクルマを置いてきぼりに出来たときは「いい気持ち」なクルマの感情が僕の心と同調する。クルマは僕の友達なのである。簡潔にまとめようとおもったが、なんかフレーズが次から次に出てきて、クルマ好きなんだなぁーと再認識した。たまにクルマの事も書こう。

スポンサーリンク
Cars are buitiful
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました