ねっかHi を試飲しました。

Liqur & Alchol
只見生まれの米焼酎 ねっか
完全ドメーヌの米焼酎

奥会津から「 #ねっかHi」が届きました。「#ねっか」は米焼酎でありますが、日本酒王国、奥会津地方の蒸留所で作られている焼酎です。かなり挑戦的な焼酎ですが、米焼酎ということで僕らの大好きな芋焼酎とは違い、ロックなんかで飲んでみると鼻の奥でキラキラと華やかな香りのするとても煌びやかな焼酎です。そこの製造元である、脇坂社長より

「8%のハイボールを作ってみたが、強くて2本目が飲めない」

という声があり、そこで5%と飲み比べしてみませんか?という呼びかけがあり、参加させて頂きました。本当は3月21日にZOOM上で飲み比べイベントが開催されていたのですがあいにく友人の法事があり参加が出来ませんでしたのであえてFacebookで感想を書かせて頂きます。

印象は・・・やっぱり5パーセントのそれより8パーセントの方がねっか独特の煌びやかさが冴えています。炭酸感もなんだかアルコールの強さに乗じてシュワシュワの気持ち良さがあるように感じました。うちのカミさんはいつも9パーセントの缶酎ハイを嗜む強者なのでやっぱり8パーセントの方が良いと言うことでした。ちなみにうちのカミさんのご家族は既に他界された義父の遺影の前ににねっかがそなえられているくらい家族でねっかファンです。煌びやかさ、華やかさ、ねっからしさを持ったハイボールは8パーセントだと思いました。

とても繊細な味なのでみなさんもどうでしょう?通販で手に入ります。芋焼酎派のみなさんもぜひ一度。東北にもおいしい焼酎があります。

ねっか online shop powered by BASE
ふるさと只見の田園風景を、次の世代につなげたい。そんな想いから生まれた米焼酎です。ねっかを飲むことによって、只見の田んぼが守られます。
スポンサーリンク
Liqur & Alchol
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました