Dua Lipaを聴いてヨーロッパの音楽を考えてみた。

Music

まず、Dua Lipaというアーティスト。ですが、日本ではあまり馴染みが無いと思いますが、イギリスの歌姫です。2018年にCalvin Harrisが”One Kiss”で一気に彼女をスターダムに押し上げました。2019年のBrit Awardでもライブパフォーマンスをしました。やっぱりこの女性アーティストというのは日本もそうだけど層がとても厚いのかお気に入りを探すのはとても大変なんです。とても流れが速い。その瞬間を見れるか見れないかでお気に入りがガラッと変わってしまいます。僕は彼女をたまたまテレビで目にして虜になってしまいました。その映像がこちら・・・

Calvin Harris, Dua Lipa – One Kiss (Live on The Graham Norton Show)
One Kiss / Calvin Harris feat. Dua Lipa at Norton Graham Show

Calvin Harris もリリースが多いのであっという間に過去の作品になってしまいます。僕はこの番組を観た瞬間に彼女の虜になってしまいました。黒髪に茶色の瞳。素肌にオレンジのスーツ。イギリス人だとは思えませんでしたが・・・wiki に寄ると・・・Dua Lipa(wiki) イギリス系アルバニアン、両親はコソボ出身だという事ですね。1995年生まれと言えばコソボ紛争の真っ只中で生まれたんですね。相当厳しい時代を過ごしてきたというのがなんとなく想像出来ます。1995年当時、僕はイギリス留学中でアルバイトをしていた車屋の隣にコインランドリーがあって、そこの経営をしていたのがアルバニア人夫婦でした。お昼とかいつもメンテや掃除をしていて話すことが多かったのですが、とても気さくな夫婦でしたがコソボの事でとても心配していると言っていた記憶があります。どこの国や地方もそうですが、歌姫は混沌としています。そして正直、どれを聴いても同じ雰囲気。ラップっぽい、R&B、ロックっぽい・・・etc..etc..音楽もおおまかに言って似通ってます。それを引き算していくと本人のキャラ、歌唱力がいいとか悪いとかではなく、どの位一瞬のパワーで惹き付けるか?と言うことだと思います。なのでかなり分散しているんだと思います。彼女はやっぱりCalvin Harrisとのコラボでしょうね。でも僕はそれ+ヴィジュアルが心にやきついてしまいました。今回のこのニューアルバムは4月3日に発売予定でしたが、なんらかの手違いで書いてるこの日にはすでに配信されていて全ての曲を拝聴させて頂きました。去年からリリースされてるシングルなど含んだベストアルバム調の新作になってます。

Dua Lipa – Physical (Official Video)
Physical / Dua Lipa AL “Future Nostalgia”

新しいイメージになり当時の黒髪から金髪、そして根本が黒となり、なんだか今のトレンドなんですかね?この根本にカラーを付けるのは。ビリーアイリッシュも黒と緑のツートーンになってますね。

Dua Lipa – Break My Heart (Official Video)
Break My Heart / Dua Lipa AL “Future Nostalgia”

”Future Nostalgia”とタイトルされた新しいアルバムはタイトル通り、80年代〜現代、マドンナ、マライヤ、などの時代を駆け抜けた歌姫にインスパイア、リスペクトされた選曲、チューンになっています。やっぱりここで大事になってくるのがアーティストの個性ですね。流れの速いタイムライン・潮流に乗ってやってくる一瞬の個性が聴く人を魅了します。「たまたま聴いたから好きになった」というのが今っぽいのかもしれませんね。これからもこういう一瞬の出会いを大事にしたいと思ってます。

スポンサーリンク
Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました