Kindleのススメ

Blog

Kindleにはまるきっかけ(New Normalに向けて)

Welcome to the new normal innovative lifestyle!

新型コロナパンデミックの様相が全国的に落ち着いてきて、首都圏、北海道を残して外出自粛が解除されはじめ、これから訪れてくる「New Normal」いわゆる新しい生活様式という新しいスタンダードが急に訪れてきました。東京の外出自粛以降、子供共々引きこもりしてる間、本屋にも行けないのでタブレットで本を購入しているうちに、Kindle Unlimitedというサブスクリプションにも加入してしまいました。きっかけは子供用に鬼滅の刃の単行本を購入しようと思ったら、アマゾンでも定価の倍以上の価格で取引されていたのでデジタル版を購入したのがきっかけでした。なかなか手に入らないみたいです。460円で単行本と変わらないのですが、その場で手に入りますし、なんといっても僕みたいな老眼にとってはiPadで読むと画面が大きくて、バックライト付き(!)なので目に優しい。そしてこういう不要不急の自粛要請が出ている期間に置いては本屋にも行く必要もなく一歩も家を出ずとも本を読めると言うのは知識も含め本を読むことでリラックスする人にはとてもいいです。

Kindle Unlimitedについて

Kindleにはプライム会員が楽しめる、”Prime Reading”というのも用意されていて、プライム会員なら読めるマンガ、本などもあるんですが、肝心要の所が読めない物が多いのでやっぱりここは最近はやりのサブスクリプションが登場しています。980円/月(税別)気づきましたか?このプライス・・・プライムより高いではないですか?そう出版物である商品はそれなりに高価になってきますね。このKindle Unlimitedの素晴らしいところはKindle様に配信されている読み物なんですよね。Noteよりブログよりより詳しく専門的に出版物と同じようにタブレット上で読めるんですよ。これが凄い。たとえば、英語の資格が取りたい・・・TOEFLの本・・・買うと1000円以上しますよ。ところが・・・

Kindleで検索すると、”Kindle Unlimted”という値段の隣に小さくサインが入っています。このサインが入っている本については読み放題です。すごくないですか?様々な本、マンガ、雑誌、ビジネス本などが読み放題、知識付け放題です。一度読んだ本はバーチャル本棚に置いておくことで読みたい時に読めますし、Kindle版にリンクが入っている場合、読みながらそのリンクに飛べますし、目次からもそのページに飛べるようになってます。ネットの怪しい情報に比べると確かで公認されているわけですから間違いは少ないと思います。デジタルですがあくまで「書籍」ですのでその発刊された時の情報なのでたまに古いブログに出会った感じになるときもありますが、あくまで「書籍」ですので。

なんでも読めるのか?

ベストセラーも読めます。ただ、僕がこれにはまるきっかけになった「鬼滅の刃」のKindle版は普通に単行本と同じ金額でした。でも雑誌に関してもさまざまな新しい情報源を持ったものも読めます。なので、トータル的に考えると、雑誌を一冊一冊購入するより、Kindle Unlimitedの方がお得なんですよね。そして冒頭でも「New Normal」に向けて各業界から、本屋での立ち読みの遠慮、レンタルビデオ屋では観たい作品を決めて来店するようにという指導がなされています。やっぱりこの新しい生活様式になる一つとして、Kindle Unlimitedはそれに見合うものだと考えました。やっぱり紙をめくって読んだ方が読んだ感じがする。そりゃ僕らみたいな産まれた時から紙に印刷された本をどっぶり読んできた人間からするとでないと読んだ気がしない。そんな声も聞こえてきますが、これはあくまでNew Normalへの階段を登っていくための新しい提案だと思います。このブログではバナーをアマゾンAudibleにしていますが、買った本を読み上げる機能をもったものも推奨しています。

Kindle Unlimitedを使ってみよう!

KindleはKindleの端末を持たなきゃ?って思い込んでませんか?しっかり今持っているタブレット、スマホでも使えるんですよ。Kindlleというアプリをダウンロードするだけ。アマゾン・プライム会員の方はそれが引き継がれます。

(2020年5月21日現在)初回に限り、30日間無料でお試しできます。

そして、あなたも作家や著作家になれる(最終目標)

このKindleサービス、あなたの持ってるスキル、知識、創作力などを使って自分の本を出版出来るんですよ。ダイレクト・パブリッシングというものがあります。

Amazon Direct Publishing

自伝、自分流何々、オリジナルレシピ、自分のブログ…etc…なんでもいいんですよ。なんならフランス書院ばりの官能小説でもいいんですよ。ちゃんと著作権料の分配もありますし売り上げに対するリターンもあります。最初はお金にならなくてもご自身の作品を公に認められて出版してみるという事にチャレンジしてみませんか?実はかくゆう僕もひっそりと出版を目論んでおります。

まとめ

僕は本を読みたい!と旺盛に思われる方には大変有意義なものだと思います。なにしろ老眼に優しい!ベッドで手元明かりもいりませんし、飛行機の中でもライト付けなくて良いです。980円という値段を高く思うか、値段に見合ったサービスかと思うかだと思います。僕は使うのはこれからの新しい読書のしかた、そしてなにより今まで買うに至らなかった本、でも家に帰ってやっぱり欲しかった・・・と言う事が何度もありました。僕は「アリ」「要」だと考えます。そして、いつか自分の本を出版してみたい!そんな野望までかなえてくれるのであればこれは大事なものだと考えます。

スポンサーリンク
Blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

  1. […] 当ブログの2020年5月22日版で”Kindleのススメ“という記事を書きましたが、さらに、Kindle Unlimitedの素晴らしさを体験した後、Audibleはどうなんだ?という疑問が湧いてきました。一 […]

タイトルとURLをコピーしました