Rain On Me / Lady GaGa, Ariana Grande

Music
Lady Gaga, Ariana Grande – Rain On Me (Official Music Video)

どんな装飾する言葉も要らない位カッコいい!

Lady GaGaの最新アルバム、”CHROMATICA”がリリースされました。その先行としてなんとワールドクラスのDIVAのコラボです。初コラボです。二人のソリッドでパワフルなボーカルにLady GaGaのお得意パターンです。みんなでクラブやライブで”RAIN ON ME!!!!”と叫びましょう!

もういいとか、悪いとか、かんけーないっすね。カッコ良すぎ。MVもなんだかよく解らないけどスゴい!としか言いようがないです。

コンセプトは二人の持ち合わせた”トラウマ”???

ざっくりと今日のブログを書き始めてしまいましたが、このコラボが実現したのは諸説ありますが、3年前にアリアナの英・マンチェスターアリーナでのライブの後に起こった自爆テロきっかけでアリアナが患ったトラウマとガガの持つお互いのトラウマを共有させたコンセプトだと思われます。記憶にも新しいですが、このテロリストによる自爆事件で23人もの尊い命が奪われました。ヨーロッパではこの事件を受けて一時的にスタジアムでのコンサートは自粛をしていました。そして、MVのアップ日が事件3周年の5月23日(現地時間で22日)にアップされているのもその意味だとされています。

GaGaとArianaの大サビでさらに盛り上がります。

Lady GaGaは彼女の広い声域の中で低めの”ステイ”(音程を変えないメロディー)を使います。これはGaGaの楽曲で彼女の歌らしい「あーGaGaらしいなぁ〜」と思わせる手法です。それにArianaの伸びやかなこれも彼女のフェイクで構成されています。歌詞と訳(自分流ですが・・・)参考にしてみると・・・もしも良ければMVのこの部分を聴きながら歌ってみて下さい。とても簡単なフレーズなので歌えると思いますよ。2分14秒位〜(YouTubeに飛びます)

Hands up to the sky, I’ll be your galaxy
空に手を挙げて 私があなたの宇宙になる
I’m about to fly, rain on me, tsunami
私は飛ぶ 雨を降らせて 津波のように
Hands up to the sky, I’ll be your galaxy
空に手を挙げて 私があなたの宇宙になる
I’m about to fly, rain on me
私は飛ぶ 雨を降らせて

I’d rather be dry, but at least I’m alive
だって濡れたくないけど 少なくとも私は生きてるから
Rain on me, rain, rain, rain on me, rain, rain
降らせてみなさいよ もっと もっと もっと
I’d rather be dry, but at least I’m alive
私だって濡れたくないけど 少なくとも私は生きてるから
Rain on me, rain, rain, rain on me
雨を私に降らせてみなよ この私に

どうですか?僕は僭越ながら、意味を噛みしめながら、一緒に歌ってみました、なんだかとてもパワフルな気持ちになりましたよ。もちろんこの作品の作られたバックグラウンドの事もそうですが、このコロナ渦の状況でもしっくり来るではないですか!やっぱりこの二人はスゴすぎますね。

GaGaのTweetから・・・

泣きすぎて、涙が止められないと思うことがあったけど、いつしか闘うこと無しでは何も変わらないと思ったし、それは難しい事だけどやってやろうって思った。@アリアナ、ずっと愛しているし、素晴らしい友達だと思ってる。私たちがどんな物を持ってるかやってやろうよ!

とツイートしています。今、全世界に猛威をふるっているコロナ渦の中でもしっくり来ますね。こういう世界のヒロインがコラボすることで僕ら、音楽ファンだけでなく、この取り組みをみた全ての人々が背中を押され、テロ、パンデミック、政治の停滞など・・・色んな問題が周りにありますが、「やれるもんなら、やってみなさいよ!」と元気づけられませんか?そんな二人の作品から目がはなせません。家庭で、クラブで “RAIN ON ME” (やれるもんならやってみろよ!)と叫びましょう!

まとめ

このMVを見て思った事、ちょっと不謹慎かもしれませんが、「渡辺直美さんにパロって貰いたい!」と強く思ってしまいました。そうあの競輪のCMみたいな。ま、これはマジと思って下さい。最近のGaGaの動きとしては、全世界で人種差別のデモンストレーションが起こっていますが、GaGaは”Born This Way”をリリースした時にもBlack Live Matterを訴えています。こういう人種差別問題は日本ではあまり起こりませんが、これから日本に間違い無くやってくる多民族社会になると民族間の生活の違いや、ステレオタイプなどによって色んな問題が増えてくると思いますし、同じような暴動が起こる可能性もあります。黒人を差別する問題ですが、People All Live Matterなんですよ。どんな人にも大切な人生があります。それを一方的な考えで阻害したり差別してはダメなんですよ。この国の人はこうだ、あの国の人はこうだってのはありますよ。それは。多々あります。でもその国の特色ですし、その国の歴史の中で生まれ育った事なのでそこもリスペクトして生活しないといけないと思います。それにはちゃんとした教育が必要です。時間もかかります。なので社会全体で学生を応援したいですね。ほんの先ほど(日本時間2020.06.09)ネットではこのパンデミックで卒業式などに出られなかった学生を対象に卒業を祝う、”Dear Class of 2020″と名付けられたオンライン卒業式を配信しました。GaGaを始め、マドンナやオバマ前大統領など世界の著名人からのコメントを発表しました。

Lady Gaga Addresses The Class Of 2020 l Dear Class of 2020

GaGaはこのコメントで今アメリカで起こっている黒人差別の話を、アメリカの森に例え、卒業できなかったみんなをその森の種に例え、今必要なのは、「時間」、「充分な努力」そして「神の恵み」の3つだと語りました。やはり人種差別など難しい問題には教育や大人からの恵み、それに時間がかかるんです。なのでこれからの新しい生活様式に向けて大人から若者へ伝えないといけないこと、大人から出来る事、僕は3人の子供の親でもあるので先生からは教えられないことをやっていかないといけないと思います。新しい世代にはそれのための努力をしてもらって、これからたくさん時間があるように見えるけどあっという間の大切な時間を使って、「世界の森」を作っていかなきゃと思いました。

スポンサーリンク
Music
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

  1. […] Rain On Me / Lady GaGa, Ariana Grande (2020.06.09) […]

タイトルとURLをコピーしました