Calling You / TAKUI

Takui Nakajima
Calling you ~TAKUI~

 TAKUIのバラードの中でも名曲

TakuiはGlayやXJapanなどが所属していた”Unlimited Records”からのリリースが初期だと思われがちですが、実は、その前にソニーの中にあった”Lines Records”より2枚のシングルをリリースしています。これらについてはまたの機会に書きたいと思っていますが、このCalling Youはファンの中ではそれ以前から存在して、ライブでも演奏されていた曲です。長年Takui〜中島卓偉でライブでも人気のある曲です。そんな名曲をTakuiは2001年の冬にリリースしました。この曲も前回紹介したPUNKと同じく野山昭雄プロデュース。

ライブで「映える」珠玉のバラード

Takuiの楽曲はなんていってもライブで映える、ビートで刺しこんでくるサディスティックな楽曲が多いですよね。同じシングルに入っている”X-RAY MAN”なんかはライブでオーディエンスを失神させるくらいの刃物みたいな作品ですね。ライブで聴いても、CDで聴いても尖ってます。

【中島卓偉(TAKUI)】 X-RAY MAN 【カッコ良過ぎる】

そんな殺人的な曲を配したこのシングルのA面はCalling Youです。Takuiのライブのセットリストでは必ず聞かせる、思わず涙ぐんでしまうバラードコーナーがあります。この曲もそのシーンで必ず歌われるファンの中では神曲の中の一つではないでしょうか?どうです?このギャップ。同じ人かな?と思いますよね?この人の頭の中はどうなってるんでしょうかね?覗く機械があったら覗いてみたいです。しかし、ライブで聴いてもTakuiの伸びやかな声、ピッチを外さない安定感のある音程・・・それにX-RAY MANの時の歪んだ声で歌う歌い方とまるで逆というか、しっとりと歌い上げる「ド」が付くくらいのバラードです。

UFLICKS#4 Calling You -中島卓偉-

ライブでも安定の歌唱力ですね。PUNKの時も書きましたがこの人はリズムもスゴいんですよね。ボーカルって「しっとり」と聞かせたい時には若干ため気味、少しリズムよりも後(アフター)で歌うんですよ。ほんのちょっとですよ。この「ほんのちょっと」の加減がプロだから出来る技なんですよ。日本人、日本のポップはどっちかというと後ろ気味なのが多いので日本の歌謡曲(演歌)はしっとりと聞こえるんですよね。リズムジャストで歌うのも難しいのですが、この若干後ろ気味で歌うのはこれは本当に難しい。素人特に日本人が歌うと後ろ側で歌ってしまいます。これは多分、日本人のDNAに刻まれたものだと思います。(あくまで持論です)Takuiを始め、歌の上手な人は一曲の中で特に展開がたくさん詰まった曲では走り目(少しリズムより突っ込んで歌う)、ジャスト、アフターのリズムを局面で微妙に変えて歌うんです。これが歌の伝える力になるんですよね。

ここで、五木ひろしさんの歌う「よこはま・たそがれ」を聴いてみて下さい。

3 1よこはま・たそがれ・五木ひろし

一番で見てみましょう・・・♫よこはま たそがれ ホテルの小部屋♩でジャストで始まり、次の♩くちづけ 残り香 タバコのけむり〜♫ではすこーし食い気味で、♩ブルース 口笛 女の涙♩ではアフターで歌ってますよね。これがやっぱりこの曲の歌詞や雰囲気、そして日本独特の”ブルース””演歌感”を伝える歌唱法なんですよね。気持ちって言うとそれで終わるんですが、こうやって歌手は作詞家の思いを歌に載せて伝えてるんですよ。話がそれましたが、Takuiはこういう歌唱法をその曲の中で、その曲で、ライブの場面で、レコーディングの場面で細かにニュアンスを変えてるんですよ。これを勢いだけでなく勢いの中でも細かなニュアンスを変えて歌う、やっぱり彼はプロ中のプロですね。仕事人。もっと売れてくれればいいのに。

MVは札幌市郊外にあるモエレ沼公園でロケ

モエレ山

TakuiのMVはいつも素晴らしい企画やロケーションで行われます。この曲も曲に負けないくらいのロケーションで行われています。このMVは北海道・札幌市東区にある「モエレ沼公園」で敢行されました。天使みたいな外国人モデルの起用、バンド感を演出するためにはやはりバンド、そして本人の別れ行く恋人を呼ぶようなイメージソロショット、そしてその物語のイメージしてこの公園が採用されています。どうでしょうね?北海道の大地と壮大な男と女の恋愛の結末が描かれてませんか?この曲に綴られた歌詞は人称がハッキリしませんよね?これって、Takuiと卓偉を支持するファンの関係も表しているのかもしれませんね。この曲のリリースをタイミングとして、これまでのファン、今のファン、そしてこれからファンになっていく全てのTakuiファンと本人の進むべき道をハッキリと示したのでは?と思います。Cメロ〜転調する前の英語のシーンでは、Farewell being Calling You…♩の件ですが、レコードのレビューなどを見ているとこのシーンの是非について書かれてるんですけど、これないとダメですよね。何故か、テクニカル的に言うと、転調するとこの曲の終焉としてはとてもドラマチックな展開になります。この転調のお膳立てをしているのはCメロ以降の♫Say you will 〜♩からだと思いますが、これが無し、または日本語で展開されていたら?普通の楽曲ですよ。これがあるからこの曲の印象が頭に残る演出をしてるんですよね。だから「是」です。そして僕はこの英語の歌詞の途中で入ってくる♩I can’t sell you, Why don’t you want to buy♫というフレーズがどうしても意味が解らなかったですが、やっぱり、本人と、ファンのやりとりなのでは?と思いました。あくまで僕の意見ですが。

まとめ

このCalling Youという曲は恋愛の歌でもありますが、Takuiとファンの究極的な擬似的恋愛、それはライブやCDショップでCDを買うという行為も含めて、彼とファン個人個人でこれまで、それまで、大人達に裏切られたり、失意をしたり、そして大喜びをしたりして、いろんな局面を抜けてきてやっと出会えた卓偉とファンの恋愛を映す作品なのでは?と結論づけました。個人的な思いが募り、同じTakuiという場所に集まりステージで、バックステージでそしてライブフロアでこの曲を色んな想いで聴きその歌詞を、メロディーをシングアロングした時のあの一瞬の時間を共有し、またそれぞれの日常に戻っていく。そんな思いをつなぐ作品なんでしょうね。

スポンサーリンク
Takui Nakajima
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました