親愛なる、三雲 啓志くんへ・・・

Blog

お盆にむけて・・・(東京のお盆はもう終わりましたが・・・)今年のお盆は僕に取っては新盆です。高校卒業して上京し、バブルの終わりでしたが、まだまだ世の中は華やかさが残っていた時代でした。同じ学科の三雲君と仲良くなるのにはそう時間がかかりませんでした。彼の実家は埼玉県にあり、会社を経営している家庭に育ち当時地方出身者しか友達がいない中、彼はバイクや車で通学していて、ハンサムでスタイルも良く、僕とは全く逆でフレンドリーで、相当モテていたと思います。僕が当時好きだった子も彼の事が好きだったと思います(笑)多分。

S.Kiyotaka & Omegatribe ROUTE134

そんな彼の(オヤジの)車で高校生の時から好きだったこの曲を聴きながら湘南の国道134号線、葉山⇒茅ヶ崎とかまで毎週の様にドライブに出かけていました。考えてみたら、彼の出現で東京のあちこちを知り、音楽(シティポップ調)を聴きながら音楽に合う場所にドライブしてました。あれから32年、彼は今年2月に僕には何も言わず逝ってしまいました。去年東京に引っ越したとき、富山から友人が遊びに来たとき、そして、忘れもしない1月7日に電話で新年の挨拶といいながら、色んな事を話しましたが、まさかその1ヶ月で生きるのを止めてしまうとは・・・奥さんとまだ幼い子供達4人を残して。今も想い出します。彼の笑顔や白いクラウンロイヤルサルーンのハンドルを握ってる姿・・・キャンプに行ったときの事・・・みんなで作ったダンスパーティー、せっかく入社した大会社を研修中に退社したり・・・まだうちの母親が生きてた頃、宮崎まで旅行にきて、本当の海とはこれや!とか話したな・・・お互い色んな環境でここまで来て、破天荒なヤツでしたが、心から大好きな男でした。君の好きな夏になったけどそっちの初めての夏はどうですか?ま、まだ逝けないけど子供を大人にしたらまた会えるよね。今度は134号線をどの車で行く?などと考える・・・

新盆前の夏の始めです。合掌。2020年 夏。

スポンサーリンク
Blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

  1. […] 年の2月自分の半生以上親交のあった友人、親友の中の1人だといっていいのですが、亡くなった友人の話を書きました。私ももう齢50を越えて、そんな親友の死に臨じて「死」というもの […]

タイトルとURLをコピーしました