50歳を過ぎてからの株式投資は大丈夫?!

Blog

長期投資を始めるのは遅いのか?

ここのところ長期投資だ!とか米国株投資だ!とか書いてますが、私はすでに50歳を過ぎています。そして長期投資といえば、20年、いや30年と投資を続ける事なんですが・・・30年経つとすでに80歳を超えるではないですか?その頃生きてるの??とか、そんな不安があります。そう、これは自分に言っています。

不安です。

巷で「投資はギャンブルだ!」「元本割れしたらどうするの?」「貯金が一番」とか言う声が聞こえてきます。でも、前にも書きましたが、銀行に預金していても実質はほぼ増えません。それに日本はすでに超高齢化社会に突入しています。メディアなどでずっと言われている事ですが、日本を経済や労働力で支える年齢20歳〜30歳の人口が全く足りません。今後それはどんどん加速していきます。日本経済の展望はとても暗いのです。

私は、ずっと日本にこのまま色々な事を任せていていいのか?と考えていました。上記に書いたようなネガティヴな事がとても多いからです。現在、日本で働いて子育てをしている5人家族ですが、子供の将来もこれでいいのか?と思っているわけです。この事はまた別の話題で触れようと思っています。

何度も書きますが、これはあくまで自分に言い聞かせるつもりで書いています。

ポートフォーリオというものがありまして・・・

ポートフォーリオという言葉があります。これは自分が投資している金融商品の組み合わせのことです。つまり、100万円の投資額があるとして、それをどの金融商品に割り当てるかというものです。よく、「誰とかのポートフォーリオをみてみると・・・」とか言われますよね?円で預金を積み上げるといのうも勿論間違いではないのですが、株式投資で見てみるとその元手(貯金する予定のお金)をあちこちに分散して、自分なりの思いで長期、短期・・・などの金融商品を持ってリスクを細かく分けられる事がわかりました。あのITバブルで多くの投資家が大損したという話しいっぱいありました。ネガティヴな話はメディアの大好物なので、こう言う一面ばかり目や耳から入ってきました。でも世の中にはこう言う話もありまして、ドルコスト平均法(また新しい言葉が・・・苦笑)でITバブル崩壊で低迷する中、愚直にコツコツと投資を続け、景気が上がり始めた7年後位から一気に資産を数倍伸ばしたって言う話もたくさんあるんです。そう、自分のポートフォーリオを作って分散投資を事で堅い投資から、少しだけ挑戦的な投資をする事もできるんです。

どうです?少し投資についてイメージが湧いてきましたか?

私は、このポートフォリオを自分なりに作ると言うところ辺りから投資に対してキリが晴れてきました。投資 というだけでなんだか怪しいとか絶対負けるとか・・・でも知識を付ける事は投資をする上でとても大事です。テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)国内相場向けですが、相場と関係あるニュースも多いですし、とてもためになります。

サラリーマン脳⇒投資家脳

にだんだんと変わっていく自分がいます。ものの考え方を「労働力を売って受け身でお金を貰う人」から世の中の動きを察し、自分の少しもの投資が世の中を動かし、いつか自分に戻ってくるというマインドに変わってきました。

で・・・50歳からの外国株投資が遅くないのではないのですか?

そうです、忘れてました。ここではポートフォーリオの事と50歳で投資を始めるのが何の関係があるのか?ですが、これは堅い長期にわたる一生持っておいた方がいい商品と少し遊び心のある物をその中の5%から10%は持っていてもいいのでは?と思っています。その中の範囲であれば短期で動く物なども自分のポートフォーリオの中にいれておけば、まぁ失敗してもまた次の挑戦が出来るし、成功したら、長期的な商品より早く結果が出るわけですから、無理の無い範囲で入れていってもいいのでは?人生の残された時間がないのであればこういうやり方もあるのでは?と思っています。

まとめ

やっぱり私は貯金より投資をする方が将来的には間違い無く子供達に資産を残していけると強く思いました。日本の経済状況下では今後、成長する兆しもなければその要因も乏しい訳です。このままインフレが進んで日本円を持っていたとしても、その価値がなくなってしまえばただの紙くずです。それにこの30年日本の給料は上がってないと前のブログにも書きましたが、そういう事を思えばまったく日本の経済に希望を持つ事ができません。これからの日本人は賢い資産運営をやっていく事で将来間違い無くやってくるどうしようも無い日本の経済悪化に対応することを考えていかないと間に合わないかもしれません。

↓↓↓相変わらずこれ一冊で頭の中が変わります!私のバイブル↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました