長男がアメリカに行きたいと主張し始めました。

Blog

小学校4年生の息子が突然アメリカで勉強したいと言い始めました。

今日はとても個人的な話。興味がなければスルーして下さい。

まず、最近の息子の行動といえば・・・FORTNITEというネットゲームにハマりまくっています。学校の宿題も、クラスのFORTNITE仲間と学校で終わらせてくるらしく、家では全く勉強、教科書すら開きません。これでいいのかな?と親としては思うわけですが、とりあえずうちはお受験なんかもやりませんんし、親も「勉強しろ!」とはいいません。最近、学校の担任と話す事がありましたが、特に遅れていると言う事も無いと言う事で(一学期は割り算がちょっと遅れていたと言われましたがある程度克服していると言う事)通信簿を見てもいたって「普通」です。

FORTNITEというオンラインゲーム

FORTNITEとは、米・Epic Game社がリリースしているマルチプラットフォームのオンラインゲームです。長男始め子供達はどハマりしてる訳ですが、特に長男はどハマりしてるんです。大会が開催されるとそこに行っては大人達と戦い、「ばかやろーーー!」とかいいながら一生懸命やっている姿を見るのがなんとも可愛いのです。あまりやり過ぎると怒ることもありますが、ゲームでこのコロナ渦を乗り切ったと思っています。FORTNITEは基本ソフトをDLして基本、無料でできます(Playstationでは)スキンやら武器やら色々なセットなどを買うともっと面白いらしくたまに買ってくれとせがまれます。色んなパックが詰まっていて1000円前後なので半年に一度くらいは買ってあげたりします。多分、パッケージになっているゲームと比べるととてもリーズナブルに感じます。そんなゲームに子供達はハマっている訳です。

それは突然、朝の会話から始まった!

子供達に何になりたい?とかやりたい事っていうのをたまに聞きますが、今回の長男は違いました。これまでは高校も行かない、大学なんてとんでもない、でもやりたい事は全く無い。というとんでもない有様でした。しかし、「パパ、Epic Gamesで働きたい。アメリカに行って勉強したい」と突然言い始めました。私は心の中で「本当によくやってくれた」と心の中で小躍りしたものでした。私は、「それなら早くにアメリカに行った方がいい。高校からアメリカに行け!」と話しました。最初はえー!って言ってましたがだんだんと吸収していったみたいです。子供が夢をみたらそれを手伝ってやろうというのが親の気持ちだと思うので彼が、どこまで本気かまだよく解らないけど、じっくり観察して行こうと思っています。

そして、オヤジが長男の出資者となって経済を体験させます

息子に提案しました。経済の回り方を勉強させたいので・・・

1500円を出資して、それでコーヒー豆を買い(仕入れをして)コーヒーを一杯100円でオヤジに売る。そして、月に一度、月の売り上げから0.5%の返済をして、残りは自分の小遣い。ただし、またコーヒー豆が無くなったら自分の収入から豆を買う。その中で自分のお小遣いを増やしていく。たまに母親に営業して、自分の淹れたコーヒーを150円くらいで売るのかな?そのくらいしたたかに商売を理解して貰いたいと思っています。日本では、「実直に一生懸命働き、働いた報酬は貯めろ」とおおよそ教育します。でもそれだけでは置いて行かれます。そういう私もそう教わりました。でも私にはそれができなかった。何故かというとただ貯めるというのがどうしても理解できなかったし、物欲も強かった。それで財産を無くしました。自分の子供にはそうなって貰いたくない、物欲がモノを言うこの世の中で、経済の作り方を知る事でどのくらいお金が大事か?それを理解し、お金はやり方によって(働かせる事によって)増えるという体験をしてもらい、その高いマネーリテラシーをもってアメリカで勉強してもらいたい。だから小学生の時から実体験で勉強して貰いたいと思っています。

まとめ

自分自身も投資をすることで経済を勉強しています。考えてみたらもっと早く勉強しておくべきだったと今更ながら思っております。お酒一杯を我慢して投資をしています。長男がアメリカに行く希望を持っている事を聞いて本当に嬉しいです。私はどんな事をしても長男をアメリカへ送り出してやろうと思っています。いみじくも、今、テレビで「壬生義士伝」をやっています。貧乏侍がどんな卑怯な事や武士の本懐から外れても家族を守るために闘い、生き抜いて家族に義を通す。そんな気持ちで一杯です。

スポンサーリンク
Blog留学
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました