コーヒーを美味しく淹れる。安定した味を。

Coffee Life

最近、コーヒーに関する書き込みが増えました。

コーヒーの淹れ方はたくさんあります。多分これを読んでいただいてる方はご存じかも知れませんが、僕の知りうる限りの淹れ方を書いてみますね。

ペーパードリップ

一般的にこの淹れ方が一番多いのでは?と思いますが、一番簡単に淹れられる方法だと思います。

ネルドリップ

喫茶店とかで紙フィルターでなく、布(ネル)のフィルターでで淹れているのを観た事があると思います。実はペーパードリップよりも歴史が長い方法だと言えますね。ペーパーより目が粗いので豆の油分を通しますのでペーパーよりも甘さが強く表現されると思います。

サイフォン

僕の実家では実はコーヒーをこれで淹れていました。なんだかコーヒーを淹れるのって大変だなと子供心に思っていました。でもこの方法はとても特別で普通はペーパードリップ、又はネルドリップが一般的般的だと言うのを知りました。下にあるフラスコを暖めるとフラスコ内の圧力が上がり、上部に溜まったお湯を今度は下がってくるお湯にコーヒーをフィルターにかけられた物が落ちてくるという仕組みになっています。サイフォンもとても歴史が深く、諸説あるとされています。手ぶれなどによる味のムラがないと言われていますが、結局は上がってきた水と、コーヒーを混ぜないといけないのでここで味は変わるのでは?と思っています。熟練が必要かも?

フレンチプレス

最近、IKEAとかそういうお店でも簡単に手に入り、樹脂などの素材が多くなってきたので割れたりする事が無くなりました。これは、簡単水出しみたいに容器に粉とお湯を入れて、グッとプレスして残った抽出済みのコーヒーを嗜むというものですが、これは、ハンドドリップと違ってコーヒー対お湯の配分を間違わなければいつでも安定した味のコーヒーが淹れられるということだそうです。

あとエスプレッソについてはまた別に書いていきましょう。

結局、コーヒーにはこれと行った定番の味は作れない

これだけの淹れ方があるので、水によって、気温、湿度、コーヒーの保存などによってもかなり違いがあるのが予想出来ますね。それを言っちゃーーーおしめーよ〜。という声が聞こえてくるようですが、結局、これに関しても#バリスタの人のプレゼンが必要なのかもしれませんね。敢えて「バリスタ」と表現しましたが、喫茶店のマスターとか店主でもいいんです。でもコーヒーを提供するのはやっぱりバリスタとこのブログで言って行きたいと思います。

僕のドリップコーヒーのバイブルにしている淹れ方です。

24歳にしてバリスタ世界一になった、井崎英典さんのこの動画をバイブルにしております。計るというのがとても大事だというのが解りますね。僕も彼の動画を観て劇的にコーヒーが美味しくなりました。やっぱり豆の量、水の量、淹れる時間は大きく密接な関係があります。僕はHARIOのこのドリッパーを使っています。


HARIOカフェオールドリッパー02 ブラック

これはネルドリップに近いんだと思いますが、寝るよりももう少し目が粗いのかな??なので、こーひーならではの甘みが強くでる傾向にあります。もうこれは3代目になりますが、アイルランドにも持って行ってましたし、もう20年近く使っているのでは?と思います。それまではスタバのセラミック製のドリッパー(ペーパーを使う・一穴タイプ)でした。運悪く割れてしまいまして、次のは何にしようかな?と思ってましたが、そんな時に見つけたのがこのHARIOのドリッパーでした。ペーパーとは本当に違うのにビックリしました。そしてスタバでいつも買っていた、イタリアンローストが一番だと思っていましたが、あれこれやってみると組み合わせとか違うと全く違う味わいになる事も解りました。最近お気に入りは・・・

やなか珈琲さんの「シャンリーハイランド/ミャンマー」をもうこの2年くらい頂いています。そんなに安くないコーヒーですが、お店でそのまま焙煎してくれるのでフレッシュな感じで頂いています。そして気づいたのですが、焙煎したてが一番美味いと思っていましたが、実はそうでもないというのも勉強しました。焙煎したては豆からガスがでるので雑味を起こしやすいということで、3日くらい経った方がちょうどいいというのもよく解りました。通販で買って、届く頃がちょうど良くなり始めるんですよ。これも本当に「めからうろこ」でした。

まとめ

今回はコーヒーを安定して美味しく頂く方法、僕の長い間かけて試した事など含めて書いてみました。本当にこだわり出したらキリがないですが、なんかコーヒーを飲む時間ってとても素晴らしい時間ですよね。その時間を楽しく、リラックスしたり、なんか思いを馳せらせていただいたり、100様の楽しみ方がありますが、たった一杯のコーヒーで一日が良くなるならそっちの方がいいですよね?なのでせっかくならこだわって自分なりの淹れ方、嗜み方を研究してるわけです。なのでこれからも美味しいコーヒーを自分のために作って行きたいとおもっています。

スポンサーリンク
Coffee Life
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました