ロシアのウクライナ侵攻で心が痛んだのでこういうビデオ勝手に作ってみました。

Ukraina Crime

ロシアが道徳観無視でウクライナを侵攻しました。許せません。

このニュースを見る度に、コロナってどこに行ったやら?という感じですが・・・やっぱりロシアはソ連時代に戻りたいんですね。というかプーチン大統領ですけどね。FBやらにはあまりかけないので自分のブログであれば問題無いと思います。そして、平和を願う気持ちでUSA for Africaのオフィシャルビデオに、ブラジルの方の作品だと思いますが・・・ボーカルのみ。オケ無しの音がYouTubeに上がっていたのと、それがMVに乗せる形の動画が見つからなかったので勝手に作ってみました。(勿論、概要欄にはリスペクトする意味の言葉を入れてあります)

“USA for Africa” – “We are the World” (Only Vocals) by Lucas Kn
こちらのリンクより当該ページに飛びます。

そして、僕の制作したビデオはこちら・・・

歌詞のテロップも80年代っぽく入れてみました。
世界規模のアーティストばかりのプロジェクトなので僕が何の評価をする必要もありませんが、このアフリカへの支援のクリップが僕には今の21世紀になって、戦争という現実、そして日本にも莫大な影響を受けさせる世界の問題、ウクライナの侵攻、戦争に向けてもとても合致しました。そしてこの瞬間にもたくさんの市民、そしてこれからの世界の未来を支える筈の子供達にも銃口が向けられている現実に対して黙っていられない気持ちになっています。この当時の映像、音楽のボーカルだけにした時になんとその力の何千倍も僕の耳にはこの世界の状況が伝わってきてしまいました。この何日かはこのオケ無しのバージョンがずっと頭の中に回っています。

是非、古い音楽だと思わずに聴いてみて下さい。

ウクライナに平和を!

スポンサーリンク
Ukraina Crime
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました