ロシアの傍若無人なウクライナ侵攻、そんな全てのロシア兵に向けてこの曲を聴いてもらいたい。

Ukraina Crime

全てのウクライナ侵攻に関わるロシア兵に聴いてもらいたい

Tom Waitsが発表した作品で一番好きな曲なのですが、この曲をウクライナ侵攻に関わる全ての人に聴いてもらいたいです。

Tom Traubert’s Blues / Tom Waits (1976年発表)

Wasted and wounded,
it ain’t what the moon did,
I’ve got what I paid for now
See you tomorrow, hey Frank,
can I borrow a couple of bucks from you
疲れ果てて、負傷してしまった
月のせいだなんて言わないよ
今になってツケが回ってきたんだよ
明日またな、ヨウ、フランク
2ドルくらい貸してくれないか?

To go Waltzing Mathilda,
Waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ


I’m an innocent victim of a blinded alley
And I’m tired of all these soldiers here
No one speaks English,
and everything’s broken,
and my Stacys are soaking wet
俺は訳わからず行き止まりの罪のない犠牲者さ
そして、ここに居る兵士達には散々だ
誰も英語をしゃべらないし
そして全てがめちゃくちゃに壊れてる
俺の靴もびしょ濡れだし


To go Waltzing Mathilda,
Waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ


I’m an innocent victim of a blinded alley
And I’m tired of all these soldiers here
No one speaks English,
and everything’s broken,
and my Stacys are soaking wet
俺は訳わからず行き止まりの罪のない犠牲者さ
そして、ここに居る兵士達には散々だ
誰も英語をしゃべらないし
そして全てがめちゃくちゃに壊れてる
俺の靴もびしょ濡れだし


To go waltzing Mathilda,
waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ


Now the dogs are barking
and the taxi cab’s parking
A lot they can do for me
I begged you to stab me,
you tore my shirt open,
And I’m down on my knees tonight
Old Bushmill’s I staggered,
you’d bury the dagger
In your silhouette window light go
今、犬たちが吠えてる
そして、タクシーが停まってる
ヤツらも俺に出来る事がたくさんあるんだよな
俺はヤツにナイフで刺してくれと頼んだら
ヤツは俺のシャツを開けたんだ
そして俺は今夜膝をついたんだ
オールドブッシュミルを煽って
ヤツは短剣を葬り
窓に映るヤツのシルエットは消えてしまった


To go Waltzing Mathilda,
Waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ

Now I lost my Saint Christopher now
that I’ve kissed her
And the one-armed bandit knows
And the maverick Chinamen,
And the cold-blooded signs,A
And the girls down by the strip-tease shows,
聖クリストファーのネックレスを無くしてしまったよ
あんなにキスをしたのに
そして、片腕のバンディット
そして、一匹狼の中国人
そして、冷酷なヤツのサインはA
そして、ストリップ小屋の女達は知ってるよ


Go Waltzing Mathilda,
waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ

No, I don’t want your sympathy,
the fugitives say
That the streets aren’t for dreaming now
And manslaughter dragnets
and the ghosts that sell memories,
They want a piece of the action anyhow
いいや、お前の思いやりは要らない
逃亡者は言うのさ
街では夢見る事はできないって
そして、人殺しの捜査網
そして、幽霊の売る想い出を
ヤツらは何でもいいから欲しがってるだけなんだ


Go Waltzing Mathilda,
waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ

And you can ask any sailor,
And the keys from the jailor,
And the old men in wheelchairs know
And Mathilda’s the defendant,
she killed about a hundred,
And she follows wherever you may go
誰でもいいから水兵に訊いてみろよ
鍵は看守の手の中だよ
そして、車椅子の年寄りは知ってんだよ
マチルダが被告で
彼女が100人殺したって
そして、お前がどこへ行こうとお前についてくるよ

Waltzing Mathilda,
Waltzing Mathilda,
You’ll go waltzing Mathilda with me
旅に出ようぜ
旅に出ようぜ
俺と一緒に旅に出ようぜ

And it’s a battered old suitcase
to a hotel someplace,
And a wound that will never heal
No prima donna, the perfume is on
An old shirt that is stained
with blood and whiskey
And goodnight to the street sweepers,
the night watchmen flame keepers
And goodnight to Mathilda, too
そして、薄汚れたボロボロ古いスーツケースでどこかのホテルで
そして、背負った疵は絶対に言えないままで
香水を纏ったプリマドンナなんていない
血とウイスキーでシミだらけの古いシャツと
道路掃除人、夜警人、消防士へおやすみと言ったなら
マチルダにもおやすみと言おう

“Waltzing Mathilda” の深い意味

この壮大なブルースをポップにしている要素として、サビで繰り返される”Waltzing Mathilda”というフレーズですね。単純に訳すると、マチルダ(人の名前)と(ワルツを)踊る。という意味になるのですが、マチルダの意味をもっと調べてみると、「ずた袋」とかホームレスの使っている寝具とか言う意味があるみたいですね。だんだんTomに近づいて来ました。この言葉選びすごいですね。さらに調べてみると、オーストラリアでスコットランド民謡を元に書かれた曲があり、オーストラリアでは愛国歌として凄く馴染みの歌唱曲というか、国家の候補の一つとしてノミネートされていたみたいですね。

Waltzing Matildaというのは”ずた袋を持って旅にに出る”という意味で使うんだそうです。なんかC&Wっぽい雰囲気になってきました。言葉って奥深いですね。特にTom Waitsの歌詞は英語圏の人でも難しいと言いますね。ボキャブラリーの宝庫なんですよね・・・

多彩なTomの英語表現

この歌詞を訳すのはとても大変でした。意味が解らない表現が多かったです。一つ紹介すると・・
”a blinded alley”
ー直訳すると、”盲目の路地”これ、とても素晴らしい表現だと思いました。「僕は行き止まり」と訳しました。

特に最後のパートでたたみ込む様にGoodnightを言うのはなんだか映画のエンディングを見てるようなそんな気持ちになりました。そして、”And”で繋いでいく手法には頭が下がります。口語の歌詞なのでこうなるのでしょうが、こうやって歌詞を分析してみるとTomの歌詞はソウルと、叙事が素晴らしい。映像化してみたい楽曲です。

この曲の裏表を知る事で侵される方も侵す方も戦争の狂気が見え隠れします

戦争で得る事なんて何もない、戦争に参加した全ての人達に捧げる歌だと思います。結局、戦争を始めたロシアの指導者次第ではあるんですが、こんな大義名分が理解出来ない戦争があるでしょうか?かつても日本も帝国主義を掲げて戦争をはじめてしまいましたが、このロシアのウクライナ侵攻は全く別の次元ですね。正直、どちらの発表もイマイチ解らない所もありますが、一つだけ言える事は、子供たちが犠牲になり続けていると言う事です。そして、ロシアの汚い戦法で子供達が2000人以上もウクライナから連れ去られているという現実です。設けられた人道回廊にですら地雷が埋められ、全てはウクライナの仕業だと主張するロシアに国際法などまったく存在しないのです。

今すぐ戦争終結を!(まとめ)

続ければ続くほど人は死んでいきます。何度も書きますが、未来の地球を背負って立つ子供達を殺すのは絶対に許せません。一日でも早く、一時間でも、一秒でも早く戦争終結を祈ります。

おまけ

私事で恐縮ですが・・・OBLIVION DUSTやFAKE?で活躍中、KEN LLOYDさんHPのBioへ英訳、新曲の日本語訳詞をさせて頂きました。

KEN LLOYDさんOfficial HP (bio下部にクレジットあり)

Sweetness / KEN LLOYD

スポンサーリンク
Ukraina Crime
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました