ゴールデンカムイが戻ってくる!

Anime

ゴールデンカムイ第四期が始まります!

Golden Kamuy (Saichi Sugimoto)

まずはテレビアニメ「ゴールデンカムイ」を知らない人のために・・・

ゴールデンカムイ(第一期・一話)のSTORY〜読んでみて下さい。

日露戦争から戻ってきた主人公の杉本佐一(不死身の杉本)が日本に復員して北海道の砂金を求めて一攫千金の旅をし、そこで、アイヌの埋蔵金の話を耳にする。そしてそこから杉本のロードムービーが始まるんだけど、強めのキャラばかりの登場で最初の一話目を見た途端に引き込まれました!

まずは舞台が北海道だというのと、今まで知ってるようでまるで知らなかったアイヌの文化を勉強出来るのと、幕末以後の蝦夷地をベースに始まるこの話ですが、幕末の志士で、京都守護職から維新後の動乱を生きた「あの人」も登場します。幕末、明治のロマン好きな人には本当にオススメですよ。

子供達と観るには少し注意が必要です

そんなゴールデンカムイですが、絵の描写や、出てくる言葉が結構ショッキングな物が多いので少し注意が必要です。うちには中一の娘がいるのですが、弟が二人いるのでまぁ下の方の表現なんかは日常茶飯事なのであまり苦労はしませんでしたが、普通に観ていますし、牛山という10年負け無しという柔道家でメチャクチャ強くて、個性も強いキャラが登場するんですが、この物語の主人公でもあるアイヌの女の子・アシリパが牛山の事を「ち●ぽ先生」と呼んだり、妙に「勃起」というフレーズを男達が使ったりとか子供には刺激の強い表現がたくさん出てきます。あと男と女のシーンなども出てきます。なのでその辺りを気にする親御さんにはちょっと厳しいかも。

色んなキャラの道場物語を楽しめる。

アイヌの文化とそれを阻害した北海道開拓の歴史を見る

この物語にはアイヌの関わり合いが深く、たくさんのアイヌの人々の生活が出てきます。今でいう樺太にもアイヌが住んでてそれぞれの文化を形成してたなんて初めて知りました。地図では理解しているつもりではおりましたが、こんなに樺太が近いんだと思いました。特に、言葉や名前の付け方の独特な考え方にはビックリしました。インカラマツというアイヌの占い師は顔に疵を持つ男が好みということで、当然杉本と色々あるのだけども、彼女の占いはかなり当たる。アシリパの事も中ててしまう。意外といい人。

インカラマツ

この時代では幕末以前からサムライをしていた人がたくさんいる

この物語の時代背景は日露戦争後の明治38年以降です。この時代では間違いなく江戸末期に躍動したサムライがまだまだ元気な時代です。そして北海道はその荒波を抜けて、色々とあり前向きに北海道に来た人、また訳ありの事情があり渡ってきた人、または流刑、投獄されて来た人、色んな事情を抱えた人達が人知れず生きている時代です。そのカオスな状況のなかで起こる様々なエピソードが本当にリアルに描かれています。

悪役がとてもいいヤツだったりする


Lieutenant Tsurumi

桃太郎式というかアクの強いキャラが多く、昨日の敵は今日の友とか、一緒に行動するけどどうも信用出来ない。というとにかく埋蔵金を求めるパワーが凄い。この物語でなにかと争うのが、大日本帝国陸軍第七師団・鶴見中尉との関係がとても凄い。兎にも角にもこの鶴見は元々が情報部員なので鼻が効く。独特なキャラだけど、根っからの軍人で、奉天の戦いで頭を吹っ飛ばされたにも関わらずますます情報集めが得意になり、いつか第七師団を乗っ取って北海道に自分の軍事政権を作るために日々闘っている。なにをするにしてもこの鶴見中尉が邪魔をする。ただ、このキャラも面白く、人間性も深かったりするので愛すべきキャラだ。

まとめ

最近の日本のアニメは質も高く、繰り返し転生したり、見た目のいい男女の出てくるよくある意味の無いものもまだまだ多くあるけど、こんなにリアルで奥深い話が出てきてますね。このゴールデンカムイも良質で面白くて震える作品が僕の心を奪ってしまったのもそうであります。そう、第四期が始まるんです。まだどこでどういう風に観られるか謎ではありますが、なんとなく2022年3月26日、27日に開催されるAnime Japan 2022で発表されるかも知れませんね。

おおよそのサブスク配信サイトで1期〜3期までは観られます。
サブスク配信リスト

スポンサーリンク
AnimeBlog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました