交通違反で逮捕されました。

Blog

意外と少ない交通違反による逮捕劇のレポート

それは、玉子警察署の刑事さんからの入電から始まった

2022年11月1日の午後、携帯に下4桁0110という番号から電話がかかってきました。下4桁が0110は何らかの警察署からだという事は素人の僕でもすぐわかりました。

刑)SMさん、2020年の●月○日の交通違反の件は記憶にありますか?
僕)あ、はい。。。。すっかり忘れていました。
刑)その件で、あなたに逮捕状がでています。11月4日朝の6時位にご自宅に行きますから準備お願いします。
僕)お???お?????でも仕事が・・・
刑)お仕事は休んでください、午後には終わりますから。

かなりの圧力で押し込んでくるし、自分も忘れていたので何とも対抗できず、同意しました。すると刑事さんもかなり柔和になり、

刑)あ〜よかった、SMさん、本当は当日朝、いきなりお伺いして逮捕状を執行してあなたの身柄を確保する予定だったのですが、こんな事で重大事件のような感じでお子様とか、奥さんの前で逮捕するのはどうかと思って前もって電話したんですよ。当日朝、お宅の近くで待ち合わせ場所を決めてお迎えに行くというのはどうですか?素直に応じてもらってよかったです。

という事だった。それから、ネットで逮捕されたらどうなるのか?という記事をググってみたけど、国選弁護人(身柄を拘束されたら連絡する)のサイト、罰金を払わなかったら逮捕されるというサイトがほとんどで、逮捕後の話が見つからなかった。僕がビビっていたのは、

逮捕後に身柄はどうなるのか?(交通刑務所に行かなきゃいけないのか?)
社会的地位はどうなるのか?(前科がつくのか?)

という事だった。刑事さんに手錠や腰縄などで拘束されるのか?と聞くと、それは仕方ないという答えだったのでどこかのタイミングで手錠を掛けられるという事は間違いないと覚悟しました。

11月4日の朝7時にJR玉子駅に待ち合わせ

時間通りに指定の場所に行くと、刑事さん二人がすでに待っていました。名前を名乗ると丁寧に二人の刑事に付き添われて護送する車(ハイエース)の待つ場所へ。後部座席に乗り込み左右を刑事さんに挟まれ玉子署へ。道中特に話はしませんでした。

到着すると署の裏側の逮捕された容疑者がよくメディアに撮られるような署の入り口へ。多分、署に詰めている記者たちが警察無線などで入ってくる情報でこのエリアの外からカメラを待ち構えているのだと思いました。そういう雰囲気。そのまま中へ入ると本人確認やいろんな事を訊かれて、

「〇〇時●分、通常逮捕します」

という事で僕は手錠、腰縄をかけられて逮捕されました。この瞬間、僕は囚われの身、憲法で日本全国民に与えられた自由を失しました。

そして、僕は自分に今回のこの件に掛かっている全ての事を認めました。

事前に手続きが多くなるのでできるだけ手荷物は少なくしてくれとの事でしたので・・・

・携帯電話
・財布(中のカードや入っている領収書、名刺類は全て家に置いていきました)
・家の鍵
・Apple Watch(PASMOを使っているため)
・もしもの時のために三千円と少しの小銭

位でリュックは持っていきませんでした。手続きが終わり、準備ができたという事でしたので移送になりました。行く場所は錦糸町の簡易裁判所でした。検察から裁判所ということでしたので、霞ヶ関だと思ってました。道中、下道で玉子→錦糸町に護送車に乗って移送されました。その車内も特に会話はありませんでした。

刑事さんの書類を見ているとかなり前調査されているみたいで、自分の住民票、戸籍抄本などの書類を揃えていて、自宅の場所もしっかりと把握しているようでした。

到着すると、取調室に連れて行かれ、一時的に手錠を外されますが、サインや母印を押すためでそこでの手続きを終えるとまた手錠をかけられ、DNAの採取、顔写真、指紋の採取が行われました。終わるとまた手錠を掛けられ、そしてこの日に逮捕された同じ罪の人たちが収容される大部屋に連れて行かれました。手錠、腰縄を外され、鉄格子の大きな部屋に入りました。時計がどこにもないのではっきりとした時間は分かりませんが、ここにいる署員の腕時計では9:30位に入ったと思います。この部屋に入っている間、都内の各所からどんどん入ってきます。この人たちがどういう感じで捕まったかわかりませんが、突然家に来られてそのままの服で来た人っぽい人もいましたのでいきなり逮捕状を執行された人もいたのでは?と思います。僕は刑事さんから事前に連絡があり、自分で玉子駅に行って待ち合わせをしたので本当によかったと思っています。

手続きの中で(検察の取り調べで)・・・

・裁判は略式で行われる(通常裁判のオプションも選べる)
・通常裁判や、身柄を確保された場合、弁護士に依頼できる。(財産が50万以下の人は国選弁護人も選べる)
・黙秘権を行使してもよい

との説明がありました。日本はやっぱり法治国家だなと改めて思いました。

僕はこんなこと言うのはあれですが、アメリカでも簡易裁判を受けて強制送還を受けた事があり、その際にもアメリカ・デトロイトの収容施設に収監されたことがあります。2008年の事でしたが旧ブログに書いておりますので良ければ読んでみてください。

この男、強制送還につきby アメブロ

bit.ly/3tlAXM2

検察→裁判(略式)を待つ時間・・・それは地獄

手続きの速さや警察署で、手荷物の多さで早い遅いがあると思いますが、僕は9:30に鉄格子の部屋に入り、次々と人が増えている中で、かなりの過密状態になりました。一応「換気はすごい速さでされています」というサインも出ているのだけども、通常の建物の換気と扇風機を2台フル稼働させてサーキュレーションされているという感じで特に換気用の機器がある訳でも無さそうでした。見ていると、各署一人づつ送り込んでいるようで、しきりに「〇〇署到着!」という掛け声が飛び交い、その度に3、4人の刑事に付き添われた人が入ってきていました。そんな過密状態の中で、一人一人番号で呼ばれ・・・検察の調べに行くときには鉄格子の外で手錠・腰縄がかけられて、連れて行かれます。戻るとまた外され部屋に入り、そして裁判の結果が降ると荷物と一緒に、裁判所の窓口で裁定の赤切符を貰います。この時はもうリリース状態になるので手錠・腰縄はされません。僕は6番という番号を付されてこの簡易裁判所内では6番と言う番号で呼ばれました。なんと、この番号、先ほどアメリカでの顛末の事をリンクに貼りましたが、この時も6番で管理されました。なんという偶然でしょうか?(笑)

この収監されている人の中でめんどくさい人が一人いて、「早くしろ!」「何やってんだよ!時間がねーからもっと効率的にしろよ!」「午前中に終わるって言ったじゃねーか」「お前らなんでそんなにえらそうなんだよ」「略式じゃなくて通常の裁判でいいからもうここから出せ」とか叫びまくっているオヤジがいて本当に迷惑でした。ああ言うヤツにはなりたくないですね。若い人も多い中で自分と同じような年頃の人がああ言う態度で本当に恥ずかしかったですね。

昼になる頃だと思うんですが、食事(軽食)も出るんです。6枚切りの食パン3枚、ジャム、チョコレートスプレッド(給食で出たヤツ)、マーガリン、チーズ(小さい)とアップルジュース。僕もすぐに頂きましたが、しっかりみんないただいている様でした。

先ほども書きましたが、僕は6番と言う番号でした。検察での調べが終わってから一桁は僕だけになってしまい、二桁の人も裁定がおり、鉄格子の部屋からいなくなっているのにも関わらず、僕は18番の人がいなくなってもまだ呼ばれず少し不安になりました。ひょっとしたら僕はこのまま刑務所行きなのかも?とか・・・悪い方に考えるものです。僕も悪い方へ悪い方へ考えてしまいました。長く待たされる気持ちと鉄格子で自由を失った状態だからだと思います。でもそうなったらこうしようとかああしようとか考えるもので色んな段取りは考えている自分もいました。

呼ばれるのは電話で呼び出しがかかるのですが、最初はすごいペースで電話がかかってきていましたが、午後になり遅くなればなるほどそのペースは遅くなり、さっきの文句ばっかり言ってるオッサンがまた騒ぎ始めた頃に僕は呼ばれました。外に出ると時計もあるので裁定をもらう頃は16:30になっていました。それでも晴れて自由になったのでとても嬉しかったですね。あと、裁定を貰い、その場で罰金を払い全ては終わりました。刑事から連絡がきてここまで3日間本当に長い時間を過ごしました。

まとめ

どうしてこんな恥ずかしい事を書いたかと言うと、やっぱりこういう逮捕されて自由を一瞬でも奪われる情報をなかなか掴めなかったので僕の体験でよければそういう事になった人になにか役に立つのでは?と思いこのブログを書きました。正直、うちのカミさんにバレるのも嫌ですし、子供にバレるのも嫌です。でもこれを書いた事で一人でも気持ちが救われたらと思っています。学びとしては・・・

やっぱり罰金は10日以内に払おう。
もしも逮捕するという事前連絡が来たら素直に受けて素直に従おう。
もしも支払うお金がない場合でもその日に収監されることはない。
ただし、ないからと言って長く待ってくれる訳ではない。それでも払わなければ収監される。
よもやの収監の場合、5000円/日の労役で支払う。
逮捕される。と言う事が軽い訳ではない。
やっぱり自由は与えられたものであるのでそれを奪われると言う事はあってはならない。
前科は付かない

とかかな?でもこう言う風にも思うのです。

こういうたかだか交通罰金で逮捕して、人から自由を奪っていいのか?
番号での扱いはいかがなものか?
簡易裁判所のシステムがものすごくシステマチックでなんだか計画的に行われているのでは?

スポンサーリンク
Blog
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Please Share My Blog.
brave-blossomsをフォローする
White Islands

コメント

タイトルとURLをコピーしました